2011年11月28日

ギリシャ:監査に立ち上がる市民たち

第1208号の主張「韓国『希望のバス』の勝利/『99%』が世界を変える」で、ギリシャの公的債務監査委員会の取り組みを短く紹介しました。
http://www.mdsweb.jp/doc/1208/1208_01a.html

監査に立ち上がった市民の動きを記録した映像を、NHKのBS世界のドキュメンタリーのサイトで無料で見ることができます。12月14日午前0時まで。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/111107.html

以下、同サイトの解説です。

−ここから−

ギリシャ 財政破綻への処方箋〜監査に立ち上がる市民たち〜

ギリシャの債務問題が、欧州のみならず全世界に深刻な影響を与えるのではと懸念されている。IMFの主導による従来の解決策では立ち行かないと考える専門家や有識者のインタビューをもとに、ギリシャ経済再建への新たな処方箋を模索する動きを伝える。

番組は、ギリシャの債務増加の歴史をたどると共に、EU内でドイツのような勝ち組と、PIIGSと蔑まれる周辺国の競争力に大きな格差が生まれた理由を説明する。

また、アルゼンチンの前例から、IMFによる緊縮財政の推進は、銀行や大企業の借金を国民に付け替えるものだと指摘。一方、石油収入が債務返済に消えていたエクアドルは、IMFと決別。国の借金のうち国民の恩恵につながらず、役人や貸し手の利益に資しただけのものについて、返済停止を宣言したことによる成果を紹介する。

ギリシャでも、さまざまな社会団体、ジャーナリスト、知識人、芸術家など多方面から一般市民が集まり、不当債務をあぶりだすための監査委員会が発足。その活動を描く。

原題:Debtocracy
制作:BitsnBytes (ギリシャ 2011年)
公式サイト(英語):http://www.debtocracy.gr/indexen.html

−ここまで−

(浅井健治)
posted by weeklymds at 20:54| 報道/活動報告