2012年01月05日

ストレステスト意見聴取会を監視しよう

原子力安全・保安院が開いているストレステスト意見聴取会の記事を1214号に掲載しました。
http://www.mdsweb.jp/doc/1214/1214_67s.html

この記事は紙面の制約で短縮されています。短縮前の原稿は以下の通りです。「技術」と「価値判断」をめぐる論争などにも触れていますので、こちらもぜひお読みください。

なお、この日の議論全体の動画記録を以下のサイトで見ることができます。3時間以上ありますが、最初の3分の1がとくに重要な部分です。
http://vimeo.com/34137834

−ここから−

【ストレステスト意見聴取会/再稼働のアリバイ作りは許さない】
 原発再稼働の条件とされるストレステスト(耐性検査)について専門家の意見を聞く原子力安全・保安院主催の意見聴取会が12月22日、経済産業省内で開かれた。
 聴取会は11月14日に始まり、この日は第5回。委員11人のうち反原発の立場を明確にしているのは、井野博満・東大名誉教授(柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表)と後藤政志・芝浦工大非常勤講師(元東芝原子炉格納容器設計者)の2人だけだ。
 進行役の岡本孝司委員(東大工学研究科原子力専攻教授)が「原子炉の安全性の総合的評価を示すことがわれわれの使命」と切り出したのに対し、井野委員が問う。「福島の事故を津波の影響だけでなく地震の影響についてもきちんと検証することが前提ではないか。そのこと抜きにストレステストの意味はない。そんなことで運転再開に結びつけてはならない」
 推進派の委員は「福島の検証は時間とマンパワーがかかり、消化不良になる」。これに対して後藤委員は「多重防護が破られるおそれこそ重視すべきだ。原子力業界の中にいた人間が同じ考え方で調査して事故が防げるなんて誰も信じない」と福島事故の徹底検証と責任追及の重要性を強調。しかし、岡本委員は「地震についてはほぼ大丈夫だったとの報告がすでに出ている」、別の推進派委員も「意見聴取会が早期に結論を出すことが社会の要請」と審議を急ぐ。井野委員は「何が社会の要請なのか。原発を再開することか、原発をやめることか。明らかな社会の要請は、安全性を十分議論しろということ。時期を区切るべきではない」と反論した。
 岡本委員は「この会の役割は事業者が行なった評価の妥当性を技術的側面から判断すること」と繰り返す。井野委員は「技術とは何か。技術は社会の中に存在している。技術と価値判断を切り離し、技術の名で価値判断を封じることはやめよ」と批判。傍聴席から「その通り」「どこが総合的評価だ」「公正に議事進行しろ」のヤジが飛ぶ。「不規則発言はおやめください」と制止する岡本委員は、「不規則なのはあなただ」と切り返された。
 結局、議題として予定されていた2事業者のストレステスト報告のうち、関西電力大飯3・4号機に関する質疑が途中まで進んだだけで、北海道電力泊1号機については事業者の説明にさえ入れなかった。井野、後藤両委員の奮闘が聴取会の審議を大きく遅らせている。
 この日、保安院が資料として提出した井野委員の質問書には、白抜きされた個所があった。削除されたのは、聴取会に出席したJNES(原子力安全基盤機構、原発の検査を行なう独立行政法人)職員のうち三菱重工OBであることが知られている3人の名前と、聴取会委員の1人が三菱重工の関連企業から3千万円以上の研究費を受け取っていたとする報道。いずれも、原発を作った側が原発を検査する側に回り、安全審査の公正性・中立性など成り立たない事実を裏付ける情報だ。それを保安院は隠ぺいした。ストレステストの欺瞞性がここにも示されている。意見聴取会の傍聴体制を強め、井野・後藤両委員を激励し、再稼働のアリバイ作りをつぶそう。

−ここまで−

(浅井健治)
posted by weeklymds at 11:36| 報道/活動報告