2012年04月09日

カイエ・トレセ『ラテンアメリカ』

きのう夜、新宿のカフェ・ラバンデリアで行われたイベント「21世紀のドン・キホーテ〜見果てぬ夢を盾に抵抗する仲間たち」に参加し、スペイン「怒れる者たち」の5月15日運動"!Democracia real YA!(真の民主主義を今こそ!)"と共鳴し合うプエルトリコの音楽グループ"Calle 13(カイエ・トレセ=13番通り)"の『Latinoamérica(ラテンアメリカ)』を教えていただきました。以下のユーチューブ・サイトで英語の字幕付きで聞けます。
http://www.youtube.com/watch?v=OPETa8H7748

昨年12月3日、アメリカとカナダを除く米州33か国が参加する新地域機構「ラテンアメリカ・カリブ海諸国共同体(CELAC)」が発足した際、記念コンサートで演奏されたそうです。

日本語訳は
http://ramonbook.wordpress.com/2011/12/17/latinoamerica/

「君が風を買うことはできない
君が太陽を買うことはできない
君が雨を買うことはできない
君が熱を買うことはできない
君が雲を買うことはできない
君が色を買うことはできない
君が私の喜びを買うことはできない
君が私の痛みを買うことはできない

君が私の命を買うことはできない
私の大地は売り物ではない」
の詞に心を揺さぶられます。

(浅井健治)
posted by weeklymds at 22:52| 報道/活動報告