2019年04月11日

山本太郎「れいわ新選組」

山本太郎参院議員が新しい政治団体「れいわ新選組」結成を発表したことをめぐり、レイバーネット日本のメーリングリストに投稿が相次いでいます。投稿順に転載しました(一部省略)。

私の考えは松原明さんや園良太さんらとほぼ同じですが、渡辺和子さんの「切迫した課題があり、天皇制の是非で対立するわけにいかない」という意見も頭から排斥したくはありません。

ちなみに、MDS(民主主義的社会主義運動)の綱領は天皇制の廃止や打倒を呼びかけていません(「日の丸・君が代」強制やナショナリズムの扇動には言及していますが)。象徴天皇制を支持する人、あるいは「今の天皇、安倍より相当マシ」「“令和”、いいんじゃない?」と言う人も、グローバル資本主義の新自由主義諸政策を打ち破り民主主義的社会主義の社会を実現したいと望む限り、MDSに加盟できます。
http://www.mdsweb.jp/form/kouryo.html

しかし、民主主義的社会主義と、あるいはそもそも民主主義と、天皇制ないし象徴天皇制との両立は可能でしょうか。不可能です。私も、およそ民主主義者たろうとする者が象徴天皇制賛美の国民統合キャンペーンに乗せられるようなことがあってはならないと、例えば“令和”使用拒否の運動を提唱したりもしました(アンチ巨人も巨人ファン=“令和”を話題にすること自体が改元政治ショーのお先棒かつぎ、と批判される向きもあるでしょうが)。

一方、その両立不可能な天皇制と民主主義(主権在民)とを並存させているのが日本国憲法です。その憲法を守らせる・生かす運動を大きく深く広げていかなければならないというのが今の最重要の運動課題であることも事実です。そんな観点から「れいわ新選組」の行方を注視することにしましょう。

−ここから−

-----Original Message-----
From: Akira Matsubara
Sent: Wednesday, April 10, 2019 10:44 PM
Subject: [labor-members 53433] 山本太郎氏が新政治団体を発表

以下はフェイスブックに書いたものです。

●名は体を表す〜「れいわ新選組」

 4月10日午後6時、山本太郎氏が「新政治団体」結成を発表するということで急遽、参院議員会館で開かれた記者会見に参加した。ワクワク感があったが、まず名前を聞いてがっくりきた。名は体を表すというではないか。基本政策は、消費税廃止・最賃1500円・奨学金徳政令・公務員を増やす・辺野古中止・原発廃止、など素晴らしい内容。でもなんでこの名前なんだろう? 戦争と支配につながる「元号・天皇制」に芯から反対している私にとっては、受け入れられないものだった。会見の何番目かで私はこの件について質問した。その質疑の部分を動画でYouTubeにアップしたので、ぜひ見て考えてほしい。
・動画(4分半)https://youtu.be/su1dhsArO1s

松原明

-----Original Message-----
From: 柴田武男
Sent: Wednesday, April 10, 2019 11:17 PM
Subject: Re: [labor-members 53433] 山本太郎氏が新政治団体を発表

こんばんは
一言で言えば、どうした山本太郎です。どうかしたようです。大丈夫かな。
柴田武男

-----Original Message-----
From: makiko masako
Sent: Wednesday, April 10, 2019 11:46 PM
Subject: [labor-members 53436] Re: 山本太郎氏が新政治団体を発表

牧子です。山本太郎さんを応援しているだけに、私もがっかりです。松原さんの質問にも、納得のいく答えになっていません。何がアイロニーなのかも分かりません。

これなら「山本太郎と仲間たち」とか「平和党」とか「主権在民党」とか、もっといい名前があるような気がします。それこそ公募してもいいのでは。

元号もお札の肖像画も古くさく陰気なのに、いつも明るく元気な山本さんまでもが「れいわ」とか「新選組」とか復古調なのは残念ですね。せっかくの門出だから祝したい気持ちですが、なんかこの党名を呼ぶのに躊躇します。山本さんを支持することに変わりはありませんが。
以上です。

-----Original Message-----
From:
Sent: Thursday, April 11, 2019 9:36 AM
Subject: [labor-members 53437] Re: 野党は反貧困平和で:山本太郎氏が新政治団体を発表

(情報記載 いしがき)
野党は「反貧困・脱原発・平和」で野党共闘を実現すべきでしょう。

過去の満蒙開拓がしかり、貧困が侵略戦争の口実となります。既に経済的徴兵制は進行しています。

さいたま市 石垣敏夫

以下転載

賃金水準、20年間で日本9%下落、英国87%増、米国76%増、フランス66%増、ドイツ55%増、韓国は2.5倍
賃金水準、世界に劣後 脱せるか「貧者のサイクル」
ニッポンの賃金(上)2019/3/19日本経済新聞(IROHIRA Tetsuro)

-----Original Message-----
From: Akira Yoshida
Sent: Thursday, April 11, 2019 9:38 AM
Subject: RE: [labor-members 53433] 山本太郎氏が新政治団体を発表

仰る通りです。思想性が疑われる名前ですね。新選組なんて「新鮮」ではありません。「社会改革・清浄」とか、今の汚い・危ない・市民の苦しみを乗り越えるネーミングにしてほしいと思います。いっくの会・吉田

-----Original Message-----
From: 渡辺和子
Sent: Thursday, April 11, 2019 10:09 AM
Subject: Re: [labor-members 53433] 山本太郎氏が新政治団体を発表&5月25日15時〜憲法カフェ&バー「天皇制について」

山本太郎氏は、園遊会にて天皇に直訴状を渡され、その始末の反省として、丸坊主刈りにされて皇居に向かって土下座されたと聞いたことがあります。

天皇制について、山本氏と全て一致しないのでは?
一致点で協力しあう以外ありません。

天皇制については、深い論議が必要です。切迫な課題があり、天皇制是非で対立するわけにはいきません。(時々社民共産の現場のご年配の方々が、私の知らない過去の歴史で、対立されているのも、同様な思いです。)

なお天皇制について憲法カフェ&バーで論議しますのでお知らせさせて下さい。

奇数月に1回、土曜か日曜15時〜に、新宿のスペースLEPIA=松原さん名付け親!(命・地球・平和産業協会事務所)にて憲法カフェ&バーを行っています。

参加費1000円ですが、初めて参加者、学生は無料! 経済的困難な方は自由カンパです。

一品注文メニューで、メニュー50円から。ドリンクバイキングやアルコールもあります。

次回は5月25日土曜15時から18時半「天皇制と日本国憲法」を行います。一部は大山勇一弁護士が、丁寧な資料付きでお話と質問、二部は、楽しく和やかに自由ディスカッション!

保守や中道、政治は初めて考えるという人も結構多くいます。10人〜20人ほどの参加者です。30人近くの多数になりましたら場所を変えますので、できる限りご予約をください。以下がお問い合わせ、お申し込み先です。

(社)命・地球・平和産業協会(LEPIA)
TEL 080-4576-9993 FAX 050-1252-3138

ビタミン和子 こと 渡辺和子

-----Original Message-----
From: 渡邊みちお
Sent: Thursday, April 11, 2019 11:55 AM
Subject: [labor-members 53440] 山本新党名について

令和新選組などは普通の感覚では嫌な感じがする!
記者会見での弁明も無理筋が多過ぎる。どうかしちやつているじゃないと感じたのは私だけではないだろう!
勿論、ファンの中には手放しで応援する人も少なくないだろう。
でも選挙はポピュリズムが必要です。思想性が問われていると神学論争を挑む気は起こりません。党名はどうであれ、今まで通り一票は入れるつもりだが、支持者を消極的にする党名の強行は問題である。山本ファンだけの運動でなく、消極的支持者が一回り大きく動ける標識、キャッチコピーが必要なのです。新党名は邪魔な存在なのです。記者会見の内容はとうてい承服できません。再考を求めます。

-----Original Message-----
From: ryota sono
Sent: Thursday, April 11, 2019 3:40 PM
Subject: Re: [labor-members 53433] 山本太郎氏が新政治団体を発表&5月25日15時〜憲法カフェ&バー「天皇制について」

園良太です。
松原さん、大事な質問をありがとうございました。全く同感です。
自分の元号に対する考え方を問われているのに、「どう受け取るかは人それぞれ」と交わす。すり替えであり、「逃げ」です。
日本を覆う天皇賛美と懐古趣味への便乗でしかありません。
「今は細かいことを言わずに大同団結して…」と3.11以降の8年間言い続けて、議論と新しい世界観の模索・提示を避けてきたからこそ、運動は負け続けているのです。

ーここまでー

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 18:48| 報道/活動報告