2019年05月07日

ベネズエラ−手遅れにならないうちに行動を起こそう

以下、5月3日に届いた旧IVAW(反戦イラク帰還兵の会)マット・ハワードさんからのメールの大意です。

ベネズエラ−手遅れにならないうちに行動を起こそう

ここ数週間、めまぐるしい展開だった。帰還兵のリーダーたちは全米を縦横に動き回り、軍産複合体についての研修を実施し、ベネズエラでもくろまれたクーデターへの支持を撤回するよう連邦議会議員に圧力をかけ、歴史上重要なハイランダー・センター(テネシー州にある米国南部労働運動・公民権運動の研究教育センター)で3月末に起きた不審火の被害救援をおこなってきた。

そのような中にあっても、ベネズエラの危機とトランプ政権の相次ぐ悪しき行い−「すべての選択肢がある」とする見えすいた脅しを含めて−はつねにわれわれにとって気がかりだった。

4月30日、野党政治家で自称ベネズエラ大統領のフアン・グアイドはベネズエラ軍指導者に対し、強まるクーデターのもくろみの中にあってマドゥロ大統領の防衛をやめるよう呼びかけた。ベネズエラの危機が引き続き破滅的であって緊急に解決を必要とするものであることは明らかだが、米国によって支持された新たなクーデターはより悲惨な結果をもたらすだけだということもまた明らかである。

だからこそ、われわれはベネズエラに対する制裁(同国における4万人の死につながっている)を解除し、外交を再開し、米国によるいかなる軍事介入の可能性も排除するよう求める呼びかけに加わった。

幸い、連邦議会議員に圧力をかけるために使える選択肢がわれわれにはある。下院法案1004号と上下両院合同決議案11号だ。トランプ政権が「武力によるベネズエラへの敵対行動に及ぶ」のを阻止するために提出された。現時点で決定的に重要なのは、選挙で選ばれた議員らに、われわれはラテンアメリカで同じ歴史を繰り返させないと思い起こさせることだ。

有権者の一人として、連邦議員たちに“今すぐ”伝えてほしい。あなたが、私的な利益のために米国によって引き起こされる新たな戦争を止め、ベネズエラに対する破滅的な制裁を終わらせるために彼らが行動するよう求めているということを。

連邦議会の代表番号202-224-3121に電話し、地元選出議員にコンタクトしてほしい。

みなさんがこの紛争をどう分析しているか分からないが、われわれはベネズエラの人びとには自己決定権があると確信する。いま連帯運動の活動家たちはワシントンにあるベネズエラ大使館を占拠し、グアイド率いる野党が大使館を乗っ取って“正当な”政府であると主張する試みを阻止している。この行動は、ベネズエラでの米国の権力ゲームに終止符を打つ助けになり得るが、好機は限られるだろう。

行動を起こす動きやチャンスが出てきた場合は、すぐにお知らせする。

連帯を込めて、

マット・ハワード
アバウト・フェイス(反戦帰還兵の会、旧IVAW=反戦イラク帰還兵の会)共同代表

(以下、原文)

Take action on Venezuela -- before it's too late

The past couple weeks have been a whirlwind. Our veteran leaders have criss-crossed the country conducting trainings about the Military Industrial Complex, pressuring their congress members to withdraw support from the attempted coup in Venezuela, and providing support to the historic Highlander Center in the wake of the suspicious fire they experienced.

In the midst of all this, the crisis in Venezuela and the Trump administration's continued bad actions -- including the thinly veiled threat of using "all available options" -- remains on our minds.

On Tuesday, opposition politician and self-appointed president of Venezuela Juan Guaido called for Venezeulan military leaders to stop defending President Maduro in an escalation of the attempted coup. While it is clear to us that the crisis in Venezuela continues to be devastating and in dire need of resolution, it is also clear to us that yet another coup supported by the United States will only lead to more disastrous outcomes.

That's why we have joined calls to end the sanctions on Venezuela (recently linked to 40,000 deaths in the country), and to resume diplomacy and foreclose the possibility of any military intervention by the US.

Fortunately there are options available to us to pressure our Congress members: H.R. 1004 and S.J. Res. 11, which were crafted to hold the Trump administration back from "introducing armed hostilities to Venezuela." In this moment, reminding our elected representatives that we won't let history repeat itself in Latin America is vitally important.

Please let them know TODAY that as a constituent, you want them to take action to prevent yet another war waged by the U.S. for private gain and to end the devastating sanctions on Venezuela.

Contact your elected leaders by calling the Congressional Switchboard at 202-224-3121

Regardless of how you break down this conflict, we believe in self-determination for the Venezuelan people. Right now, solidarity activists are occupying the Venezuelan embassy in Washington D.C. to prevent attempts by Guaido's opposition party to take over the building and then claim to be the "legitimate" government. Our action here can help put an end to US power plays in Venezuela, but our window will only grow smaller.

We'll keep you updated as more developments and chances to take action emerge.

In solidarity,

Matt Howard
Co-Director
About Face: Veterans Against the War
(formerly Iraq Veterans Against the War)

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 20:03| 報道/活動報告