2020年01月15日

「日韓ユース平和参加団in済州」帰国

1月10日から13日まで韓国・済州(チェジュ)島を訪れていた「日韓ユース平和参加団in済州」の若者たちが帰国しました。滞在中のその活動は、以下のフェイスブック投稿でつぶさに知ることができます。

https://www.facebook.com/pg/ZENKOofficial/posts/
https://www.facebook.com/wakana.yamauchi.75

私は、まだ見ぬ済州の風景と人びとに想像をめぐらせつつ、それらにじかに触れることのできるユース参加団の面々をうらやましく思いながら、済州島四・三事件を題材にした金石範(キム・ソクポム)『火山島』を読み進めています。

第4巻にこんなくだりがありました(239ページ)。朝鮮半島“本土”から済州がどう見られているか、済州と“本土”とはどういう位置関係にあるかを、主人公の一人、李芳根(イ・バングン)の胸の内に託してこう記しています。(文中、「西北=ソブク」とは大虐殺の主犯格だった「西北青年団」を指す)

−引用ここから−

…少年の頃、本土で、済州島ってどこにあるんだい、ボールを蹴ったらすぐ海へ落っこって蹴球なんかできないんだろうとからかわれたことがある。いま済州島で横暴を極めている「西北」たちの口癖の一つに、“イワシも魚か、済州野郎(チェジュセッキ)も人間か”というのがある。往昔から中央政府に見放された“地痩民貧(チスミンビン)”の虐げられた民の土地、かつて適客(チョクガク、政治犯)たちが険しい水陸の道を艱難辛苦の果てに幾月間も要してソウルから辿り着いた流配の土地。呪われた天刑の地であって、本土人からの蔑視と差別の積み重なった土地である。そしていまはゲリラ蜂起をしている“革命の地”、いや、“暴徒”による反乱の地なのだ。
 ソウルに移住している者の多くが、本籍を済州島から本土に変えておのれの故郷の土地にさよならをし、そして流麗なソウル弁を身につけて(李芳根はそれに吐気を催すのだが)変身する。済州島が本籍では“立身出世”に大きな障害物になるのだ……。…

−引用ここまで−

ユース参加団も「済州4・3平和公園」を訪れ、虐殺現場をいくつか回ったようです。四・三事件が日本の朝鮮植民地支配と深く関わっていた事実を示す場面は『火山島』でも繰り返し描かれています。日本と韓国の若者たちがその歴史から何をくみ取ったのか、それを現在の日韓“つながり直し”への努力にどう結びつけていこうと考えたか、感想と報告を直接聞くのがとても待ち遠しいです。

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 22:19| 報道/活動報告