2020年03月25日

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)が"COVID-19速報"を発行

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)が3月19日、「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)速報」の発行を始めました。きのうまでに3号出ています。以下は第1号の大意です(Google自動翻訳の力を拝借)。原文では強調のための赤字やゴシック、斜体字の個所もありますが、すみません、ここでは無視しています。[ ]は投稿者による注・補足です。誤訳・不適訳ご容赦。

原文は
https://www.dsausa.org/news/dsa-covid-19-bulletin-1-news-and-organizing-updates-during-a-global-crisis/

−ここから−

「DSA COVID-19速報」No.1:グローバルな危機におけるニュースと組織化最新情報

2020年3月19日

この号の内容

*前例のない時代における組織化
*進行する危機
*政府の(無)策
*労働者の反撃
*バーニー2020と民主主義のための闘い
*DSAからのお知らせ:今夜マス・コール[電話による対話]、職場でのCOVID-19対策の組織化、COVID-19請願書への署名

■前例のない時代における組織化

これは初めての「DSA COVID-19速報」で、DSAメンバーとすべての労働者階級の人びとに、進行するCOVID-19危機とその政治的影響について情報を提供することを目的とした出版物です。週に数回送信します。引き続き受信したい場合はここにサインアップし、このリンクを友人・同志と共有してください! 誰でもサインアップできます。

パンデミックに際し、アメリカ民主主義的社会主義者(DSA)は、メンバーの安全とCOVID-19の拡散を遅らせるために、社会距離戦略[感染症対策として、人と人との距離を開け、接触機会を減らすこと]を実行しています。

米国最大の社会主義組織である私たちは、この前例のない時代にあっては、世界で起きていることについての情報の共有から始めることが不可欠だと考えています−パンデミックの性質、迫り来る恐慌、政府の対応(またはその欠如)、利潤追求企業の致命的な過失と不正、ならびにコロナウイルス・パンデミックに対する労働者階級の解決策を求めて闘う労働者による英雄的な組織化と抵抗、相互扶助。私たちはまた、みなさんがこの闘いに参加するための方法を共有したいと考えています。

今こそ連帯の時です。

DSAに加わるのにこれ以上重要な時はありません。加入、会費の更新または月単位への切り替えはこちらから。

■進行する危機

新型コロナウイルスはここにあり、広がっています。

ワクチンをすぐ完全に配備する準備はできていません。つまり、厳しい社会距離戦略が最大18か月以上続く可能性があります。世界は「カーブを平らにする」つまりコロナウイルスの急激な拡大を遅くすることに懸命です。この取り組みに失敗した場合、世界人口の最大60%以上が感染し、第二次世界大戦の犠牲者と同程度の数千万人の死者を出す可能性があると専門家は警告しています。今週、米国のすべての州でCOVID-19の症例が確認されました。私たちは、人工呼吸器や感染症治療に必要なその他の医療機器の不足により、医療システムが打ちのめされてしまうのを目撃しようとしています(イタリアでまもなく起こるかもしれないように)。

医療の危機に加え、私たちは経済的な危機に直面しています。COVID-19に対抗するために講じられている措置は、経済の多くの分野を停止させ、供給と需要の両方を押し潰しています。消費が崩壊し企業が破産するにつれ、[1929年の]世界大恐慌以来最も深刻な不況を引き起こすことはほぼ確実です。すでに労働者の5人に1人がCOVIDのために仕事を失い、または勤務時間を減らされたと報告しています。レイオフに加えて、多くが住宅立ち退きや高額な医療費、有給病気休暇の否認に直面しています。アメリカ人のほぼ70%が、この危機を乗り切るための貯蓄をほとんど、または全く持っていません。

■政府の(無)策

何週間もの犯罪的な不作為(しかし一方でウォール街を救済する時間はあった)の後、議会とトランプ政権は病気の蔓延を抑えるための措置を講じ始めました。3月18日、議会は全く不十分な救済法案を可決し、トランプ政権はHUD[住宅・都市開発省]住宅の立ち退きを一時停止すると発表。主要な全国看護師組合の要求に従い、国防生産法[1950年、朝鮮戦争開始時に成立]を発動していくつかの民間産業を緊急に必要な医療用品の生産と方向転換させました。これはよいスタートですが、十分ではありません。私たちは住宅立ち退きと住宅ローン支払いにすべて終止符を打つことを求め、企業がパンデミックを儲けの具にせず危機に対応するよう産業の国有化さえ行わなければなりません。

一方、過去50年間と同じ新自由主義的な解決策に固執している民主党指導部は、命を救う抜本的な改革を推進する機会を逃してしまっています。

ヨーロッパでは、デンマークは政府が解雇された労働者に給与の75%を支払うと発表し、スペインは病院を国有化します。アジアでは、香港とシンガポールの政府がウイルスの拡散を封じ込めるために迅速な措置を講じ、世界で最も成功した封じ込めの実例をもたらしました。米国政府は、パンデミックによる不法な儲けの道を進むのではなく、この積極的で人道的な対応を見習うべきです。そして私たちは今、メディケア・フォー・オール[すべての人のための公的医療保険]を必要としています。

■労働者の反撃

世界中の労働者が、労働者の安全を確保し、コロナウイルスの拡散を止めるために反撃しています。

ニューヨーク市の教員組合の一般組合員は、山猫スト[中央指導部の承認なしに行うストライキ]の警告で組合と学区当局に学校を閉鎖するよう圧力をかけました。ミシガン州の自動車労働者は、ビッグ・スリー自動車会社を山猫ストで操業停止に追い込みました。デトロイトのバス運転手は健康と安全のために闘い、乗客の運賃無料化(誰もお金を扱う必要がないことを意味する)を含む大きな譲歩を勝ちとりました。これはイタリアでのストライキに続くものです。

UPS[米国最大の小口貨物輸送会社]ドライバーや医療労働者など、不可欠とみなされる労働者にとって、マスクや消毒用ティッシュのような基本的な安全対策を講じさせるためにも、組織化が欠かせません。

組合員か否かに関係なく、職場の組織化は開始できます。アメリカ民主主義的社会主義者の組合員グループや職場オルガナイザーが、請願を開始し、他の労働者とつながり、経営側にアプローチし、この危機の瞬間に成功裡に組織化することを助けてくれます。オルガナイザーと連絡を取るにはここをクリックしてください。

■バーニー2020と民主主義のための闘い

民主党はジョー・バイデンを担ぎ上げるのに必死で、公衆衛生当局が10人以上の集会を避けるよう市民に要請しても、予備選を続けてきました。

シカゴの労働者階級の多い投票所は、危険なほど密集した地区にあり、大混乱でした。多くの高齢者を含む大勢の人びとが、投票を待ちながら何時間も集まっていました。一部の有権者は、健康悪化を恐れて投票しないで帰ったと選挙監視員に語り、一部の投票区では全く投票ができませんでした。いくつかの州では、3月17日の民主党予備選の投票率が2016年に比べて著しく低下しました。オハイオ州はウイルスの拡散を遅らせようと民主党予備選を延期しましたが、民主党[指導部]はこれに追随する州は罰すると述べています。

17日の事実上不法な予備選で大きく敗北したにもかかわらず、サンダースはこれまでのところ撤退を拒否しています。それどころか、今も政治革命のために闘っています。サンダースと彼のプラットフォーム[政治要綱]の運動は、コロナウイルス危機に際しての企業のカネ儲けと米国政府の大量虐殺ともいうべき怠慢に対する反撃にとって不可欠なものとなるでしょう。

■DSAからのお知らせ:

*3/19(木)今夜、この危機に直面して何をすべきか話し合うために、私たちはマス・コールを開催します。出欠確認はこちらへ。
*職場でCOVID-19対策を組織したいですか? 組織している人を知っていますか? こちらに記入を。このリンクを広く共有してください。
*もしまだであれば、#儲けより人を優先するCOVID-19危機への包括的な対策を要求するDSAの請願に署名し、シェアしてください。
*私たち組織内実行委員会は、この期間中、メンバーが互いに連絡を取り合い、互いを大切にするためのリソースの開発に取り組んでいます。今後もお楽しみに。

…………

そちらはどうですか? 私たちはみなさんの相互扶助の努力、組織化の成果、そしてみなさんがどのようにお互い大事にし合い、絶望しないようにしているかについて聞きたいです。全国の支部からのお便りを特集していきます−お便りはこちらへ!

これは初めての「DSA COVID-19速報」です。週に数回送信します。引き続き受信したい場合はここにサインアップし、このリンクを友人・同志と共有してください! 誰でもサインアップできます。

グローバルな健康の危機、経済の崩壊、危機に瀕する民主主義。アメリカ最大の社会主義組織に加わるこれ以上よい時期を想像するのはむずかしいです。加入しませんか。

−ここまで−

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 17:58| 報道/活動報告