2019年01月25日

プログレッシブ・インターナショナルからの呼びかけ

「サンダース・インスティチュート」と「DiEM25(ヨーロッパ民主主義運動2025)」が2018年11月30日、右派勢力の世界的な台頭に対抗するネットワーク「プログレッシブ・インターナショナル」を結成し、「行動のよびかけ」を発しました。以下はその日本語訳です。ウェブサイトにアップされている2分18秒のビデオの訳も添えました。誤訳・不適訳、ご容赦の上、ご指摘よろしくお願いします。
https://www.progressive-international.org/

【すべての進歩的諸勢力に呼びかける】

労働者に、環境に、民主主義に、まともな暮らしに襲いかかるグローバル戦争が遂行されている。

右翼諸党派のネットワークは、人権をむしばみ、反対意見を抑え込み、不寛容を助長するために、国境を越えて協力し合っている。人類がこうした現存する脅威に直面したことは、1930年代以降なかった。

彼らに打ち勝つには、過去数十年の失敗した体制にただ立ち戻ることはできない。足かせなきグローバリゼーションは平和と繁栄を約束した。しかし、実際にもたらされたのは、金融危機と無用な戦争、破滅的な気候変動だった。

進歩的諸勢力がグローバルな正義をめざして草の根の運動をつくり出すときが来た。世界中の労働者、女性、権利を奪われた人びとを民主主義と繁栄、持続可能性、連帯という共通のビジョンのもとに結集するときである。

プログレッシブ・インターナショナルは、世界のすみずみのコミュニティに手を差し伸べ、私たちの共通のビジョンをともに打ち立てていく。

プログレッシブ・インターナショナルは、不平等と搾取、差別、環境破壊を終わらせるためにこれまでも闘ってきた人びとを支えていく。

プログレッシブ・インターナショナルは、大胆な国際的ニューディール政策の実現に向けてともに活動し、私たちのコミュニティを、街まちを、国ぐにを、地球を取り戻していく。

世界の進歩的諸勢力が団結するときである。

きょう、DiEM25(ヨーロッパ民主主義運動2025)とサンダース・インスティチュートを代表し、私たちは「行動の呼びかけ」を発する。尊厳と平和、繁栄、地球の未来のためにともに闘う諸個人・諸団体のグローバルなネットワークをつくり出すためだ。

ともに行動しよう。プログレッシブ・インターナショナルに結集を。

ヤニス・ヴァルファキス(DiEM25共同代表)
レナタ・アビラ(同運営委員)

ジェーン・サンダース(サンダース・インスティチュート共同代表)
デーヴ・ドリスコル(同事務局長)

【プログレッシブ・インターナショナル/ビデオ】

重大な結果を伴うグローバルな闘いが起きている。危機にさらされているのは、人類の未来にほかならない。あらゆる面で、現状の体制が失敗しつつあるのは明らかだ。

上位1パーセントが今や世界の富の半分を支配する一方、何百万人もの労働者が貧困と不安でがんじがらめにされている。グローバリゼーションは繁栄を約束したが、実際にもたらされたのは金融危機と終わりなき戦争だ。その間にも、地球の気候は破壊へと近づいている。

この危機の中から、グローバルな権威主義が台頭しつつある。そうしたリーダーたちはマイノリティと自由な言論、民主主義そのものを攻撃することで国家の威信を取り戻すことを約束する。しかし、結局は彼ら自身の利益を図っているにすぎない。1930年代の恐るべき再現である。

今日の権威主義リーダーたちはそれぞれに孤立しているのではない。資金提供者や戦略、接点を共有する右翼諸政党のグローバル枢軸の不可欠な一部分である。そして、彼らは世界中で政権を奪取しつつある。

グローバルな平和と繁栄をめざす闘いの共通の戦線を、私たち自身がつくるときが来た。この運動は人びとを世界の左派勢力のもとに結びつけ、私たちがどんな世界に住みたいか、いかにそれを現実のものとするかについて考えをめぐらすだろう。世界中の働く人びとを民主主義と持続可能性、連帯という共通のビジョンのもとに結集していく草の根の運動である。私たちはもはや改良主義をよしとはしない。

私たちは世界のすみずみのコミュニティに手を差し伸べ、ともに力と連帯を築いていく。

どの国にも、進歩をめざして闘う人びとがいる。私たちはともに歩み、強固になった。世界の進歩諸勢力が団結するときだ。きょうから始めよう、よりよい未来の建設をめざして。

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 20:09| 報道/活動報告