2021年05月05日

いま何もしなければすべてが台無しになる:高校生@緊急気候アクション

2週間前の話ですが、今からでも遅くないと考え、投稿します。4月22日、気候変動サミットに合わせ、若者たちが経済産業省前で緊急アクションを行いました。以下は、最初にマイクを握った高校3年生、山本大貴さんの発言の概要です。

なお、アクションの全体像については次の報道があります。ご参照を。
◎気候変動を止めるため、若者らがハンガーストライキ。日本政府への抗議広がる
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_608106bfe4b01e14f06d6032
◎もっと引き上げて!62%減必要! 政府が温室効果ガス「30年46%減」の新目標表明
https://www.tokyo-np.co.jp/article/99881?rct=national
◎経産省前で、温室効果ガス削減目標の大幅引き上げを求めてスタンディング!
http://www.labornetjp.org/news/2021/1619481040911staff01

−ここから−

きょう4月22日、東京では日比谷公園からマーチをする予定だったが、コロナの状況を見てソーシャルディスタンスをとってのスタンディングアクションに変更した。

僕はいま高校3年生。きょうは学校を休んでここに来た。本来であれば僕はいま学校で授業を受けていて、普通の高校生活を送っているはずだった。しかし、僕が大人になったころ、そして僕のさらに下の世代、子どもの世代が未来を保証されるとはいえない状況になっている。

何かというと、気候危機がいま始まっている。気候変動問題に対してこれまでいろんなところでいろんな人が声を上げて、みんなで対策をしていこうとしてきた。でも現状は、本質的なことは何も解決されないままどんどんと気温は上昇し、豪雨や熱波、豪雪、異常気象が毎年のように発生している。すでに緊急事態になっているのに、まだ政府は抜本的な政策の見直しを行おうと考えていない。

きょうは気候サミットが開かれる。その中で、僕たちが一番大事だと思っている2030年温室効果ガス削減目標、通称NDCが見直される。現行は2013年比26%とされているが、この数字では到底気候変動を解決することはできない。政府はいま45とか50%といった一見するとすごく大幅な引き上げと言っていて、数字を新しく出そうとしているが、僕たちは62%という数字を求めている。これはクライメート・アクション・トラッカーという国際NGOが出している数字。国際的に日本は62%という数字を排出国としての責任をもって出さなければいけないと言われているが、しかし、45とか50%といったところで妥協点を探そうとしている。このままでは未来を守ることができない。

この数字のままでは、もうタイムリミットが迫っている気候危機に対して有効な対策を行うことができない。この裏には具体的な政策、とくにエネルギーの問題がからんでいる。火力発電によって出されるCO2の量がとても多い。火力発電をやめて例えば再生可能エネルギーにしていく政策のためには、この数字が大前提になる。逆に言えば、エネルギーの問題を解決することが数字にも大きく影響を与える。

石炭火力発電やその他の火力発電もまだまだ延命させようという経済産業省の動きがある。しかし、そういった動きではこれからの新しい社会の中で気候危機を止めることはできない。

これからどういったことが必要か。タイムリミット、気候危機がパリ協定に基づけば2度、努力して1・5度に抑えようという中ですでに1度上昇しているいま、迅速に対応し排出を削減していかなければならない。エネルギーの問題を考えるときも、火力発電はすべて最終的にはなくす、ゼロにしていく。そして僕たちは原発に関してもゼロにしていくことを訴えている。再生可能エネルギー、自然エネルギーを普及させるには、ほかの発電にいつまでも頼っているようなことはしてはいけない。

エネルギーの問題が一番だが、ほかのすべての分野、すべての産業において気候変動に対する対策をすることがいま求められている。その対策というのは、一人ひとりが単にエコバッグを持てばいいとか、マイボトルを持てばいい、たしかにそれも一つのアクションではあるけれども、それが本質的な解決にならないことを訴えなければならない。

一人ひとり市民が声を上げて、政策決定にしっかりと自分の意思を表明していくことがとても重要だ。僕たち若い世代が声を上げている、この現状は本当はおかしいことだ。いまの大人たちがつくってしまったこの世界に対して責任を持っているのは本来であればいまの大人のはずだ。いま社会をつくっている人たちが若者のいまの声を聞いて、当たり前のように“やっぱり気候変動対策のために頑張っていかなければいけない”、それもちゃんと本質的に解決する、温度上昇をできる限り抑えることをちゃんと考えなければいけないのに、全然そういった本気の政策が進んでいない。僕はとてもそれが悲しいし、悔しい。

だから、きょう学校を休んでここに僕は立っている。おそらくこのNDCの数字は(聴取不能)ものにはならないと思う。しかし、きょうここで僕が声を上げた事実は変わらない。62%にしてほしいという思いは変わらない。これからも、具体的な政策が決まっていく中で、この本質的に問題を解決する、どこにも妥協点を探さずにちゃんとした数字を訴えることを僕はしたい。そして大人には、科学の声、若者の声を聞いて責任ある行動をとってほしい。すべての大人、大人だけではないが、すべての社会の人が自分の生きている中で、この問題に真剣に取り組もうと決意してほしい。それは、何かを捨て何かを犠牲にしてやっていくということではなくて、いま何もしなければすべてが台無しになってしまう、そういう危機感だ。みなさんにはそういう危機感でこの問題を見つめ直してほしい。いまがそのタイミングだと思っている。

コロナの危機もまだ続いているが、気候変動の問題はこれから何十年にもわたってずっと長いこと取り組んでいかなければいけない危機だ。すでにもうそれは始まっている。始まっている危機に対して対策をしない選択はないはずだ。これからどういった社会で僕たちがどういった幸せな生活を送っていけるかは、いま政府で話し合われているNDC、そしてその次にある具体的な政策、そこに大きくかかっていると一番伝えたい。学生としてできることはなかなかないと思っていたが、こうやって声を上げるだけでも多くの人に届いていくし、声を上げるだけでも何かが変わっていくと僕は信じている。みなさんで一緒に声を上げていきたい。

−ここまで−

DSCN2953.jpg

DSCN2964.jpg

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 18:27| 報道/活動報告

2021年04月07日

ハンセン病を撮り続けた趙根在 写真展

先週末発行の『週刊MDS』最新号の7面「読者のひろば」欄に、編集者でありながら読者になりすまし、「K・T」のペンネームで以下の投稿をしました(編集者は一番最初の読者でもあるわけで、「なりすまし」は言い間違いですが)。なお、読者のひろば投稿はすべてウェブ版にはアップされません。

−ここから−

【ハンセン病の写真展/生の尊厳に向き合う】
 ハンセン病を撮り続けた在日朝鮮人写真家、趙根在(チョウ・グンジェ)さん(1933〜97)の写真展に出かけた。
 根在さんは20年以上にわたり、全国の療養所で入所者と寝食を共にしながら2万点に及ぶ写真を撮影。今回はその中から30点あまりが展示された。
 ひときわ胸に突き刺さったのは「舌読(ぜつどく)」とタイトルされた写真だ。キャプションには「指先に知覚麻痺のある視覚障がい者は唯一残る舌先や唇の感覚を使って点字を覚え、自分自身の力で本を読もうとした。舌読の習得には舌先、唇から文字通り血がにじむほどの努力が必要だった」とある。
 生前交流のあった入所者は根在さんの写真について「むきだしの命が、生きるためのたたかいが、血よりも濃いモノクロにより…現実から切り取られている」と語ったそうだ。
 命の尊厳、生への叫び−それと向き合うことなしに「差別はいけません」と何度繰り返しても、真の共生社会は訪れないだろう。
 貴重な機会を与えてくださった実行委員会のみなさんに心から感謝したい。
    (東京 K・T)

−ここまで−

この投稿は、しかし、もし報道記事だったら記事失格でしょう。“5W1H”のほとんどが欠けています。せめてここで補っておきたいと思います。

「趙根在写真展」は3月17〜22日、東京・北区赤羽文化センターで開催されました。主催したのは、赤羽で障がい者のための相談支援事業所を営む関口和幸さんや市民団体「風を紡ぐ会」代表の藤田越子さんらが立ち上げた「趙根在写真展実行委員会」。関口さんは「平和と民主主義をともにつくる会・東京」事務局メンバーでもあります。

展示された写真は、東京・東村山市にある国立ハンセン病資料館から提供されたものです。写真展を見逃してしまったという方は、同資料館で2014年秋・15年春に開催された企画展「この人たちに光を−写真家趙根在が伝えた入所者の姿−」の図録が刊行されていますので、ぜひご覧になってください(都の図書館統合検索で検索すると、都内では15市区町村の図書館に蔵書があります)。

私の投稿中の「生前交流のあった入所者」の言葉は、この図録に収められた多磨全生園入所者・大竹章さんの文章から引用させていただきました。当該の段落の全文は次の通りです。

−ここから−

 変形や奇形、怪異をもって迫力とするような作風と違い、趙さんの写真では、不自由な手足をどう使い、どういう生活をしているか。むきだしの命が、生きるためのたたかいが、血よりも濃いモノクロにより、幾つもの物語として現実から切り取られている。

−ここまで−

同資料館学芸員の金貴粉(キム・キブン)さんが『在日朝鮮人とハンセン病』という本を著しています(2019年3月、発行所:クレイン)。ぱらぱらとページをめくっていて、上記の写真「舌読」に捉えられた入所者が、群馬県の栗生楽泉園に暮らす金夏日(キム・ハイル)さん(1926年生まれ)であることを知りました。夏日さんは歌人としても広く知られているそうです。

点字舌読は1954年に始め、2年後からは朝鮮語の点字にも挑戦したとのこと。「舌読」が撮影されたのは1971年ですから、そこで夏日さんが舐めているのは朝鮮語の点字本に違いありません。こんな短歌も詠んでいます。

朝鮮語の点字学びて祖国の歌くちずさみつついつか眠りし
年どしに朝鮮の歴史点訳されわが本棚にふえゆく楽しさ

金貴粉さんは夏日さんが朝鮮語点字を学んだ理由を「自分自身が何者であるかを朝鮮語の習得によって確認し、祖国とつながることで自身の存在意義を自分自身で認め、自己肯定感を得たかったからではないだろうか」と説明しています。

写真「舌読」が映し出したもの−それは「命の尊厳」「生きることへの叫び」とともに、「奪われた祖国への思い」「民族の自己決定権への渇望」でもあるのでしょう。

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 20:25| 報道/活動報告

2021年03月16日

島々シンポジウム 要塞化する琉球弧の今 フルバージョン

週刊MDS第1666号4面に掲載した「島々シンポジウム 要塞化する琉球弧の今」のフルバージョンです。なお、2時間余にわたるシンポジウムの全容はYouTubeで視聴することができます。
https://www.youtube.com/watch?v=Bnvh5nQe6q0

【島々シンポジウム 要塞化する琉球弧の今/住民を犠牲にするミサイル戦争 許さない/宮古島の住民運動の現場から】

 琉球弧の日米軍事要塞化が進んでいる。その主要な担い手は日本の自衛隊だ。住民を犠牲にする「島しょ戦争」現実化の危険性を全国に伝えようと、オンラインによる「島々シンポジウム―要塞化する琉球弧の今」が始まった。主催は軍事ジャーナリストの小西誠さんが代表を務める実行委員会。
 3月7日第1回のテーマは「宮古島・保良(ぼら)ミサイル弾薬庫の開設=ミサイル戦争の始動を阻もう」。闘いの現場から4人のパネラーが発言した。

 1月の補選で投票総数の3分の1を上回る票を得て宮古島市議に当選した下地茜さん(ミサイル・弾薬庫反対!住民の会)は「なぜ反対するのか。集落に近すぎる。私の家は弾薬庫の入り口から160b。防衛省は他の自治体では何d火薬を置くと明らかにしているのに、宮古島では“防衛上の機密”を理由に答えない。ミサイル発射時のリスクも他の自治体では『敷地内に収める』と説明するが、宮古島では『気をつける』だけ」と批判する。
 防衛省があいまいなことしか言わないのはなぜか。「宮古島に配備されるミサイルは固定式ではなく、トラックの荷台に発射台を積んだ車載式。発射したら移動し、移動先で2発目3発目を撃つ。島じゅうを走り、軍事展開していく。それに伴うリスクを防衛省はきちんと説明していない」。安心して施設を受け入れられないのは当然だ。

 反対運動の経過と現状を報告したのは、茜さんの父で住民の会共同代表の下地博盛さん。「月曜から土曜までゲートで工事車両を40分程度止める活動を続けている。人数は5〜6人。基地建設をできるだけ遅らせる、基地機能を可能な限りダウンさせる、できれば無力化をめざす闘い方を模索したい」と話した。

 母親たちでつくる「てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会」の取り組みを共同代表の石嶺香織さん、楚南有香子さんが紹介。「2015年、安保法制と宮古島への配備が車の両輪のように整えられ、法が成立すればここがその運用の場所になると感じた。5年たって、危惧していたことがまさに目の前に。迷彩服の人たちや軍事車両が生活の中に現れている」(石嶺さん)「配備賛成の方がたとも議論し、『地下水は守るべきもの』と意見が一致。『俺たち戦争したいわけじゃない。平和が一番。子どもの未来は幸せに、と願う』と言われた。私は希望を持っている。全国のみなさんも、9条守れと言うのと同じぐらい、沖縄を捨て石にする作戦をやめろと世論を高めてほしい」(楚南さん)

 1月市長選では「オール沖縄」が推す座喜味(ざきみ)一幸候補が勝利した。石嶺さんは「配備に関して座喜味さんは『問題があれば国に説明を求める』が、自衛隊自体は容認。市民・県民が声を上げ、自治体を動かさなければ。ただ、今まで振り回されきた賛成・反対の分断から少し解放された気がして、ほっとした。平和が目的なのに島の人たちがいがみ合っていたら、つらい。島のためにどんな選択がいいか話し合おう、というスタートラインに立てた」と評価する。

◎基地周辺土地売買規制法案に警戒を

 小西さんが琉球弧要塞化の狙いを「中国封じ込めだけでなく、東シナ海の制海権・制空権を確保し、日米の軍事力で制圧するため」と解説。関連してパネラーから一様に懸念が示されたのが、自民党の部会で2月に了承され、今国会成立がもくろまれている基地周辺の土地売買の規制法案だ。重要な施設周辺を「特別注視区域」に指定し、土地売買時に個人情報や利用目的などの事前届け出を義務づける。違反者には懲役・罰金を科し、必要に応じて国が買い取れるようにする。小西さんは「戦前の要塞地帯法と同じ。売買も写真撮影も移動もすべて制限された」と警告した。

 司会の映画監督・三上智恵さんが最後に「日米の軍事政策が一体誰のためなのか、誰を犠牲にして誰が得をするのか、見えてきた。この問題を知ること、発言すること、子どもたちと話をすること―平和をつなぎとめるためのいろんな活動を、みなさん、していきましょう」と呼びかけた。

DSCN2134.jpg
下地茜さん

DSCN2167.jpg
楚南有香子さん(左)と石嶺香織さん

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 22:24| 報道/活動報告