2020年07月30日

青年DSA、明日からオンラインで大会開催

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)の中に、主として29歳以下の学生・青年で構成するYDSA(アメリカ青年民主主義的社会主義者)があります(30歳以上でもメンバーになれるが、役職には就けない)。

YDSAのウェブサイトによると、今年のYDSA大会は明日7月31日から3日間、オンラインで開催されるとのことです。
https://y.dsausa.org/2020convention/

大会の呼びかけ文は次のように始まります(★はリンクが張られている個所、◎は小見出し)。

−ここから−

【バーチャル 2020YDSA大会 7月31日〜8月2日】

2020YDSA大会は7月31日(金)から8月2日(日)の週末にオンラインで開催されます。最新情報については、このページをチェックしてください!

大きなグループでの旅行や集まりの潜在的なリスクのため、YDSA全国調整委員会は今年のYDSA大会をバーチャル開催とすることを決定しました。DSAスタッフとYDSA大会各委員会は、代議員が実際に対面で集まって体験するものにできるだけ近い形の大会にしようと取り組んでいます。

★2020YDSA大会準備規則
★2020YDSA大会に向けたタイムライン

◎代議員の配分と登録

5月1日時点で会費納入済みのすべての正式のYDSA支部、および5月15日以前に承認申請し新たに認められた支部は、投票権を持つ代議員団を2020年大会に送る資格があります。支部が正式かどうか不明な場合は、ydsacon@dsausa.orgにお問い合わせを。支部の申請と更新は、特別に延長されない限り、2020年5月15日まで受け付けます。

(以下、略)

−ここまで−

ページの末尾には「アクセス支援と奨学金」の小見出しで、次の記載があります。奨学金で大会参加費を援助する制度まであるんですね。

−ここから−

YDSA大会代議員が大会にフル参加するためには、信頼性の高いコンピューターとWi-Fiへのアクセスが必要です。コンピューターやWi-Fiにアクセスできず、自分で手配できないという代議員は、★できるだけ早くこの申込書に記入してください。

参加費に充てるための奨学金も用意されています。必要な代議員・代議員補には、奨学金申請書をメールでお送りします。

−ここまで−

リンクしているアクセス支援の申込書は次の通りです。

−ここから−

【2020YDSA大会 - 技術サポート申請書】

この申込書は、2020YDSAオンライン大会用にコンピューターやWi-Fiにアクセスする上で援助を必要とする代議員のためのものです。あなたのニーズに基づいて、大会参加に必要なものの借用・レンタル面の手助けを行います。

*氏名
*代名詞[引用者注:外見上の性別にかかわらず、自分をどんな代名詞で呼んでほしいか]
*メールアドレス
*電話番号
*YDSAまたはDSA支部名
*郵便番号

YDSA大会期間中、ノートパソコンまたはデスクトップパソコンにアクセスできますか? YDSA大会は7月31日(金)〜8月2日(日)開かれます。
・はい
・いいえ、コンピューターへのアクセスが必要です
・分かりませんが、コンピューターへのアクセスが必要になるかもしれません

YDSA大会期間中、信頼性の高いWi-Fiにアクセスできますか? YDSA大会は7月31日(金)〜8月2日(日)開かれます。
・はい
・いいえ、Wi-Fiアクセスが必要です
・分かりませんが、Wi-Fiアクセスが必要になるかもしれません

大会へのアクセスについて他に質問や要望があれば、ご記入ください。

−ここまで−

PC操作・インターネットに慣れていないメンバー(アメリカの若者にそんな人がいるとも思えませんが)や、経済的にPCが持てないでいたりWi-Fi代が払えなかったりというメンバー(これは大いにいそうです)の大会参加を保証しようと、最善を尽くしていることが分かります。

ただ、ネット環境を持たない人がどうやってこのサポート申込書にたどり着けるのだろうか、近くにいる他のメンバーが知らせるのだろうか、という疑問は残りますが。

YDSAについては、去年のZENKOin東京後の週刊MDSとのインタビューでDSAビル・イェイツさんが触れています。ご参照ください。
【DSA国際委員会/ビル・イェィツさんに聞く/飛躍の要因は政策と対話】
http://www.mdsweb.jp/doc/1588/1588_03a.html

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 17:02| 報道/活動報告

2020年05月14日

闘いは続く:DSA新型コロナウイルス速報12号

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)は5月13日、「新型コロナウイルス感染症速報」第12号を発行しました。コロナ危機下の闘いは「恒久的な性格を帯びてきた」ため「速報」の発行は段階的に取りやめていくが、「闘いは続く」と呼びかけています。(〈 〉は投稿者=浅井の注・補足です)
https://www.dsausa.org/news/dsa-covid-19-bulletin-12/

−ここから−

DSA新型コロナウイルス感染症速報第12号
2020年5月13日

闘いは続く

この速報は、DSAの新型コロナ緊急対応方針を補足するものとして、まだ姿を現しつつある段階だった危機の社会主義的分析を提供するために〈3月19日に〉発刊しました。危機は私たちの新たな日常となり、対応方針はより恒久的な性格を帯びてきました。速報の発行は段階的に取りやめていきますが、闘いは続きます。

私たちは三重の危機に直面しています−健康、経済、政治の危機です。私たちの要求は緊急に必要であり、この瞬間にあって深い共感を生んでいます。“メディケア・フォー・オール〈すべての人のための医療保障〉”が必要です。“グリーン・ニューディール〈環境保護のための変革〉”が必要です。すべての人のための安全で手頃な価格の住宅が必要です。経営者と闘い、労働者階級の力を築くことができる組織された戦闘的な労働運動が必要です。

私たちは、これらを勝ちとるために自らを組織化しています。みなさんができることは以下の通りです:

*医療緊急保障法を勝ちとるキャンペーンにサインアップ〈署名・参加〉する。

*5月13日、米国郵政公社を守る民主主義的社会主義者労働委員会のキャンペーンについてともに学ぶ。

*私たちの“緊急職場組織委員会”は、全米の労働者が職場における防護措置を獲得するために組織するのを支援しています。ここにサインアップし、組織化チームに参加しよう。また、自分の職場で組織化したい場合は、この申込書に記入してください。オルガナイザーの一人が連絡します。

*この危機に際して、私たちはお互い支え合わなければなりません。こうした取り組みに参加するには、“相互扶助委員会”に連絡してください。

*ビデオ証言をシェアし、#家賃を免除せよキャンペーンに参加する。

*DSAは初めてですか? もっと知るために〈DSAリーダーとの〉電話Q&Aに参加を。5月21日、31日に行われます。

*まだメンバーでなければDSAに加入してください! 米国で最大の社会主義組織に加わるのにこれ以上大切な時はありません。

−−−

パンデミック〈世界的大流行〉の間、アメリカ民主主義的社会主義者(DSA)は、メンバーの安全と新型コロナの拡散防止のために、人との距離確保=ソーシャルディスタンシングを実行しています。

米国最大の社会主義組織である私たちは、この前例のない時代にあっては、世界で起きていることについての情報の共有から始めることが不可欠だと考えています−パンデミックの性質、迫り来る恐慌、政府の対応(またはその欠如)、利潤追求企業の致命的な過失と不正、ならびにコロナウイルス・パンデミックに対する労働者階級の解決策を求めて闘う労働者たちによる英雄的な組織化と抵抗、相互扶助。私たちはまた、みなさんがこの闘いに参加するための方法を共有したいと考えています。

DSAに加わるのにこれ以上大切な時はありません。加入、会費の更新または月単位への切り替えはこちらから。

−ここまで−

この号もそうですが、「速報」には毎号欠かさず「DSAは、メンバーの安全と新型コロナ感染症の拡散防止のため、人との距離確保=ソーシャルディスタンシングを実行している」と注記されています。また、「この前例のない時代」の語からリンクが張られていて、3月12日の「新型コロナウイルス感染症に関するDSA全国政治委員会声明」に行けるようになっています。

以下は同声明からの抜粋です(3月15日ZENKO全国メーリングリスト投稿のイラク平和テレビ局in Japan森さんの訳を若干手直ししました)

−ここから−

 すべての労働者階級の人びと、とくに新型コロナウイルス感染症に対して最も脆弱な高齢者や住居を追い出された人、慢性疾患を持つ人、免疫不全の人のための実際的な方策と連帯の表明として、われわれはすべての支部が次のソーシャルディスタンシング措置の実行を開始することを推奨する。
[注:ソーシャルディスタンシングは、インフルエンザなどの感染症対策において、人と人との距離を空け、接触機会を減らすこと]

*少数の人の集団を上回るどの予定の会合も中止または延期するかオンラインに移す;

*予防措置としてCDC〈米疾病予防管理センター〉の推奨する感染防止行動を実行し、とくに他の人から6フィート〈約183センチメートル〉以上の距離を維持する;

*気をつけなければならない症状を説明した支部単位の新型コロナ政策を確立し、体調不良の会員には自宅にとどまるか電話またはZOOMのようなビデオ会議ソフトを通じて会議に参加するよう勧める;

*会員が可能なときはいつでも、戸別訪問に代わって自宅から携帯メール送付や電話かけをするためのインフラを準備する;

*地域の会員を回診する計画を作り上げ、すべての会員、とくに高齢の会員や免疫不全の会員がこの危機を乗り切っていくのに必要な対策を確実に持てるようにする;

*あなたの地域の感染率に基づいて集会や行動〈の持ち方〉を適応させるシナリオ計画を練り上げる。シナリオの例と従来の大衆動員のオルタナティブ〈代案〉についてはこのテンプレート参照;

*すべての直接会合の前後に消毒用ウェットティッシュか抗菌スプレイのような製品を使って、テーブルや電子機器、ドアの取っ手などの表面の定期清掃を実行する;

*すべての会合で手の除菌用ローションを提供し、使用を勧める(CDC〈疾病予防管理センター〉の除菌用ローション作成ガイド参照);

*集会の場での咳やくしゃみの適切なエチケット、手洗いを推奨するポスターを置く。

−ここまで−

DSAはこのように3月中旬以降、大人数の集会を中止ないしオンライン開催し、戸別訪問をメール送信や電話かけに切り替え、従来型の大衆行動に代わるさまざまな行動のシナリオを練り上げ実行してきています。人との距離確保=ソーシャルディスタンシングの実践は決して活動自粛などではありません。

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 19:53| 報道/活動報告

2020年04月28日

DSA新型コロナ資料情報室〜子どもと歌う「手洗い歌」も

DSA(アメリカ民主主義的社会主義者)は3月19日から「新型コロナウイルス感染症速報」を発行しています。4月22日時点で10号を重ねました。

同速報には毎号必ず、「パンデミック〈世界的大流行〉の間、アメリカ民主主義的社会主義者(DSA)は、メンバーの安全と新型コロナ感染症の拡散防止のために、ソーシャルディスタンシング〈感染症対策として、人と人との距離を開け、接触機会を減らすこと。社会的距離の確保〉を実行しています」という一文が載っています。「ソーシャルディスタンシングを実行」の個所にはリンクが張られていて、以下概要を訳したドキュメントのページに行き着きます。
http://tiny.cc/beatCOVID-19

この「資料情報室」はテキサス州サンアントニオ市のDSAメンバーであるBさんが作成したもので、DSAの公式文書ではありませんが、全米各地のDSAメンバーたちがコロナから労働者・市民の命と生活を守るため懸命に、ソーシャルディスタンシングを実践しながら、活動している姿を垣間見せてくれます。とても幅広い、多彩な活動です。

なお、"COVID-19"(新型コロナウイルス感染症)は「新型コロナ」または「新型コロナ感染症」と表記してあります。また、"resources"は「資料」「資料・情報」としたり、そのまま「リソース」と表記したりしています。〈 〉は投稿者=浅井の補記です。

−ここから−

【新型コロナ感染症資料情報室】

《はじめに−読んでください!》

やあ、みなさん! 私の名前はBです。この資料集を作成しました。大小あらゆる種類の問題が発生したため、お互いを必要としているからです。私たちは情報を持ち、準備し、行動を起こし、お互いを大事にしなければなりません。私たちは恐れやパニックから行動するのではなく、互いに連帯して行動し、他者の感情や経験を理解し、周りにいる弱い立場の人びとを守るよう気遣います。

資料・情報を追加したいときは、ツイッターで@blackcatbarreraにメッセージを送ってください。この資料室のショートリンクはtiny.cc/beatCOVID-19です。また、私が住んでいる町サンアントニオの地元資料集tiny.cc/SACOVID-19も作成しました。できれば、あなたの市や町の資料集を作成することをお勧めします!

この資料集をブックマークし、ネットワークで共有してください! 共有するためのインスタグラム・グラフィックについては、ここをクリックしてください。自分のグラフィックを自由に作成してください!

〈目次〉
*インフォメーション
*ビッグアクションその1:ソーシャルディスタンシング
*ビッグアクションその2:効果的な手洗い
*ビッグアクションその3:公共の場所用のマスク作成・着用
*その他の重要なアクション:これらも実行してください!
*備品と準備
*地元リソース:コミュニティのリソースにはどんなものが?
*新型コロナ感染症にかかったと思ったら
*相互扶助とサポート:どのように助け合うか
*健康に生きる:どう困難を切り抜けるか
*安全でない場合はどうすれば?
*お金を寄付するなら
*組織化:正義のための闘いにこの瞬間をどう生かすか

《インフォメーション》

*感染カーブを平坦化する:新型コロナとは何か、新型コロナでないのは何か、そして私たちが何をすべきかについての本当に役立つ包括的なガイド。ここから始めることをお勧めします。
https://www.flattenthecurve.com/

*CDC〈疾病予防管理センター〉の新型コロナに関する基本事実:新型コロナに関する迅速で基本的な事実を含む、簡単に情報を得られるページ。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/share-facts.html

*コロナウイルスに備えるのに大げさすぎることはない。方法は次のとおり:要点(1)真剣に手を洗う。(2)公の場でのマスク着用は、 体調不良を感じなくても、あなたやあなた以外の人が安全を保つのに役立つ。(3)病気になった場合、あなたは数日または数週間活動を休止するかもしれない。それに対処するために必要なものを確保しておく。(4)学校や保育所が閉鎖された場合の対処法を考える。(5)心理的な準備も重要。
https://www.vox.com/future-perfect/2020/2/28/21156128/coronavirus-prepare-outbreak-covid19-health

*ウイルス学:学問分野からの新型コロナに関する興味深く有益でダウンロード可能なエピソード。また、神話の誤りを暴き、よくある質問に答える。
https://www.alieward.com/ologies/virology

*台湾がコロナウイルスとの闘いについて世界に教えられること:台湾は何とかやってのけ、すばやくきちんと行動した。彼らから学べることを説明する。
https://www.nbcnews.com/health/health-news/what-taiwan-can-teach-world-fighting-coronavirus-n1153826

*新型コロナ、あなたのコミュニティ、そしてあなた−データサイエンスの視点:「私たちはデータサイエンティスト−すなわち、私たちの仕事はデータを分析および解釈する方法を理解することです。新型コロナに関するデータを分析するとき、私たちは非常に心配しています。社会の最も脆弱な部分である高齢者と貧困者が最も危険にさらされており、病気の蔓延と影響をコントロールするには私たち全員が行動を変える必要があります。定期的によく手を洗い、集団や人混みを避け、イベントをキャンセルし、顔に手を触れないようにしてください。この記事では、なぜ私たちが心配しているのか、そしてあなたがたも心配すべきなのかを説明します」
https://www.fast.ai/2020/03/09/coronavirus/ 〈日本語ページあり〉

《ビッグアクションその1:ソーシャルディスタンシング》

*ソーシャルディスタンシングとは何か:ウイルスの蔓延を防ぐための最良かつ最も効果的な方法の一つが、ソーシャルディスタンシング。この記事では、それが何か、どのようにそれを実践するかを説明する。
https://www.buzzfeednews.com/article/davidmack/social-distancing-coronavirus

*ソーシャルディスタンシングとな何か、それはコロナウイルスの爆発をどのように遅らせることができるか:この記事では「検疫」「隔離」「ソーシャルディスタンシング」の違いについて説明し、ソーシャルディスタンシングについてさらに掘り下げる。要点:できる限り他の人から1・8メートル離れ、大勢の人の集まりを避け、旅行を避け、できれば家で仕事をし、体調不良のときは家にいる。
https://www.vox.com/2020/3/3/21161232/coronavirus-usa-quarantine-isolation-social-distancing

《ビッグアクションその2:効果的な手洗い》

*CDC〈疾病予防管理センター〉:いつどのように手を洗うか:手洗いはウイルスの蔓延を防ぐための他の最も効果的な方法の一つ。私たちは頻繁にそして適切に手を洗わなければならない。この記事ではその方法を説明する。
https://www.cdc.gov/handwashing/when-how-handwashing.html

*手洗いの歌:子どもが家族や周りにいたり、子どもと仕事をしたりしている場合、効果的な手洗いについてのこのかわいらしい歌をプリントアウトして子どもに教えてはいかが。あなたが大人だとしても、韻は簡単に覚えられ、あらゆる年齢層に適しているので、習うべきです。
https://www.lucyknisley.com/washsong 〈日本語バージョンあり〉

《ビッグアクションその3:公共の場所用のマスク作成・着用》

*簡単な縫い目なしのマスク:マスクを購入すべきではなく、持っているものはすべて医療従事者に寄付する必要がある。手作りマスクは、公共の場で自分や他の人をより安全に保つためのよい方法だ。縫い物ができる場合は、マスクの作成と寄付を考えてほしい。利用可能なパターンがたくさんある。
https://www.youtube.com/watch?v=VDLLfQcKmH0&t=1s

*マスクは安全に着用を:マスクをつける前に手をよく洗おう。着用時に顔やマスクに触れないこと。洗濯可能なマスクは着用後、洗濯室か洗い物かごへ。そしてもう一度よく手を洗おう。

《その他の重要なアクション:これらも実行してください!》

*CDC:病気を防ぐための手順:とるべき他の重要な行動は:体調不良の場合は家にいる、咳やくしゃみを覆う、体調不良を感じなくても公共の場所ではフェイスマスクを着用する、清潔にし消毒する。詳細はこのリンクをクリック。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/prevention.html?CDC_AA_refVal=https%3A%2F%2Fwww.cdc.gov%2Fcoronavirus%2F2019-ncov%2Fabout%2Fprevention-treatment.html

*CDC:旅行:基本的に、今後の旅行は延期またはキャンセルする必要がある。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/faqs.html

*OSHA〈労働安全衛生局〉:職場では何をすべきか:頻繁に手を洗い、洗っていない手で目・鼻・口に触れない。体調不良の人との密接な接触を避ける。詳細については資料参照。 新型コロナに職業上さらされる可能性のある労働者とそうでない労働者の双方のための記載がある。
https://www.osha.gov/SLTC/covid-19/controlprevention.html

《備品と準備》

*薬箱:市販薬や救急箱の備品を補充するには今がちょうどいい時。このリンクをチェックし、自宅に何が必要か確認を。 (ただし、資材の買いだめはしないこと、とくにマスク!)
https://www.nhs.uk/live-well/healthy-body/your-medicine-cabinet/

*消毒・殺菌用品:このリストには、米国環境保護庁(EPA)が新たに出現したエンベロープウイルス性病原体に対する使用のため再承認した消毒・殺菌製品が含まれ、コロナウイルス(新型コロナ)爆発期に使用できる。
https://www.americanchemistry.com/Novel-Coronavirus-Fighting-Products-List.pdf

*研究:急性呼吸器感染症を予防するためのビタミンD補給:個々の参加者データの系統的レビューとメタ分析:ビタミンDが不足している場合、補給により急性ウイルス性および細菌性呼吸器感染症にかかるリスクを最大70%減らすことができる。ビタミンDは脂溶性であるため、サプリメントを選択する場合は、必ず食物と一緒に服用すること。
https://www.bmj.com/content/356/bmj.i6583

*食料品店に行かなくても作れる10の夕食:今後数週間、食料品店に行くのは心配ですか? 食料棚に常備されている品に焦点を当てた10のレシピです。
https://www.thekitchn.com/quick-and-easy-pantry-dinners-266126

《地元リソース:コミュニティのリソースにはどんなものが?》

以下は、地域・コミュニティレベルの資料・情報へのリンクです。このような情報ををご存じの場合は、私に送送ってください。リンクさせていただきます。

*ポートランド
https://docs.google.com/document/d/15YyWLb0Y68pX_Dl83o7aDqGCnS8yHcpF0J_ZuJiqHQA/edit
*サンアントニオ
https://docs.google.com/document/d/1quFmKX2CpmG1Dl_jqvoPHUZ1Jgn1kWxra8MgJZcQ85E/edit?usp=sharing
*マルティネス通り女性センター新型コロナ資料ガイド
https://docs.google.com/document/d/19gvH9lSCypUenrO33yDV9rO_wkUqHFTouF6ZV5vEaWI/edit?usp=sharing

《新型コロナ感染症にかかったと思ったら》

*CDC:体調不良の場合に新型コロナの蔓延を防ぐための手順:「新型コロナによる体調不良であるか、新型コロナウイルス感染症を引き起こすウイルスに感染している疑いがある場合は、以下の手順に従い、あなたの自宅や地域の人びとに拡散しないよう、病気を予防すること」
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/about/steps-when-sick.html

*CDC:米国での検査:各州の検査状況に関する詳細とマップについては、このリンクのチェックを。検査に関する質問は、州の保健部門に連絡を。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/testing-in-us.html
https://www.cdc.gov/publichealthgateway/healthdirectories/healthdepartments.html

*サンアントニオ市新型コロナ自己検査ツール:この自己検査ツールは、症状について質問し、検査を受ける手順を踏む必要があるかどうかを判断する。
https://www.sanantonio.gov/gpa/News/ArtMID/24373/ArticleID/18671/City-of-San-Antonio-launches-COVID-19-self-screening-tool

《相互扶助とサポート:どのように助け合うか》

*自主的な自治グループがコロナウイルスと闘う相互扶助の取り組みに乗り出している:このリンクから、州ごとに組織された全米各地の相互扶助リソースを確認できる。
https://itsgoingdown.org/autonomous-groups-are-mobilizing-mutual-aid-initiatives-to-combat-the-coronavirus/

*コレクティブケアは新型コロナに対する最善の武器:この資料は、増えつつある相互扶助パンデミック災害ケアのアルファベット順のリストです。
https://docs.google.com/document/d/1uP49OQGhosfBN4BOYQvyy_Mu3mpCSOYzip13LksC-S8/preview#

*新型コロナ・コミュニティケア・リソース:「メキシコ湾岸の公正な移行のための協働」によるコミュニティ中心の資料・情報集。
https://anothergulf.com/covid-19communitycare/

*新型コロナ・メッセンジャー:「私たちは使い走りのお手伝いができる健康な若者の全国的なネットワークです。大きなパンデミックに対する小さな行動」
https://covid19messengers.com/ 〈「危険なリンク」の警告あり〉

*感染カーブ平坦化ボランティア:このパンデミックへの対処に役立つスキルや専門知識を持ち、人助けがしたいですか? 「感染カーブ平坦化」の作者であるジュリー・マクマリーは、ボランティア組織化の中心的な場としてこの書式をまとめました。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe0zaUAxwLQn4LZ7LsXsRmv9kxNi3IsquF6ga82d6ClGFnfIg/viewform

*互いに助け合うカード:これらのカードに記入し、使い走りをする人の連絡先情報を免疫不全の人びとに提供することができる。
https://drive.google.com/file/d/1A3tbWKoKdlRmsmhsP-UqdtF0dbmhVtqF/view

*相互扶助インスピレーション:相互扶助の実際の例については、このツイッタースレッドをお読みください。あなたが必要とするものを取り、お互いサポートを!
https://twitter.com/IGD_News/status/1238266465788276736

*相互扶助ポッドマッピング:誰もが参加できる優れた訓練。人びとが相互扶助とソーシャルネットワーク、その内部にある、自分たちが提供できるものを含めたリソースについて考え、話し合うことができる。
https://docs.google.com/document/d/1-QfMn1DE6ymhKZMpXN1LQvD6Sy_HSnnCK6gTO7ZLFrE/edit?fbclid=IwAR016x-_ySNyNIJ3m8LpSu-yPVdn7BSqhF1aoNzELJnWMcXS1Rw_xcmO7bI

*黄色人種脅威論の治療:コロナウイルス・レイシズムに対処するためのリソース:「コロナウイルスの発生を追跡し続けるにつれ、人種的な恐怖と不安が進行中の新型コロナウイルス感染症に対する懸念を判断する主要な枠組みとなった。このページは、テキストおよびデジタルリソースを収集して、ティーチインや議論のテーマ、教室での授業に役立つ資料に簡単にアクセスできるようにすることを目的としている」
https://docs.google.com/document/d/1-DLnAY5r-f4DRLZgndR_Bu47nqHVtAOKem5QRmbz7bg/edit

《健康に生きる:どう困難を切り抜けるか》

*コロナウイルスの不安:対処方法:雑誌「ティーンヴォーグ」にまたいいコンテンツが。健康不安を解決しようとしている場合に役立つ読み物。
https://www.teenvogue.com/story/coronavirus-anxiety

*コロナウイルスの心配への対処:この包括的で非常に便利なツールキットをチェックしてください! ツールキットには、不安、瞑想、経済上の恐怖などがカバーされています!
https://www.virusanxiety.com/

*危機メール送信ライン:メンタルヘルス危機ホットラインの741741にSHAREとメール送信する。
https://www.crisistextline.org/

*コロナウイルス:社会正義レンズからの知恵:「2020年3月7日のオンラインセミナー『新型コロナ感染症への備え−慢性の病気を抱える米国の人びとのために』における医療情報や訴え、基礎実践、教訓をタイムリーに提供します。メディアや公開の討論で目にすることの多くとは異なり、このバーチャルな集まりは慢性の病気や障がいを抱えて生きる人びとの知恵や人生経験を軸としたものでした」
https://open.spotify.com/episode/7GdoR8CMGv90xE9CLSoyOH?si=znejfRlhRKmH0o23REOHgQ

*エイドリエンヌ・マリー・ブラウンのリソース:「どこにいるべきか、どうあるべきか、まさにこの瞬間の可能性をどう見るか、どのように人生に向かって進むかを考えるのに役立つリソースがここにある」
http://adriennemareebrown.net/2020/03/10/additional-resources-for-facing-coronavirus-covid19/?fbclid=IwAR2sQb_-uWQqlig9FCoD1h-oFQ51esAXype_rEDfP7B_kqpD5N3J5hqhG2A

*アクセス可能な免疫支援医療:ローズマリー:「クランデリスモ〈ラテンアメリカの土着の精神治療医による治療〉では、ローズマリーは“おばあちゃんの植物”として知られ、人を痛手から守り、精神を癒す。この植物は、リンピアやスピリチュアルバス、ソーク〈いずれもヒーリングの手法〉などの多くの伝統的な儀式で使用され、悲しむ心を癒すために焼かれる。状況によって『燃え尽きた』と感じる人びとに良い薬。いつかもっとエネルギーを持てるようになるまで多くの心配や不安を抱えている人は、ローズマリーバスがぴったり」。ハーブのガイドや療法については、このアカウント(Mama Maiz)をフォローすることをお勧めします。
https://www.instagram.com/p/B9pAukdAUbM/?igshid=qn95k2wb47xy

*無料または公正なコストのオンラインウェルネス教室:非白人や女性、LGBTの人びとがリードする。
https://www.instagram.com/p/B9sSYwQF-08/?igshid=tuhzfavvmk2

《安全でない場合はどうすれば?》

*全国DV〈ドメスティックバイオレンス〉ホットライン〈NDVH〉:NDVHは、安全計画を作成し、セルフケアを実践し、DVの標的になっている場合は助けを得るための方法を説明する。
https://www.thehotline.org/2020/03/13/staying-safe-during-covid-19/

*ネットワーク/ラ・レッド:「ネットワーク/ラ・レッドの24時間ホットラインは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・クィア・トランスジェンダー(LGBQ/T)の人びとや、SM/性倒錯・多重恋愛のコミュニティでパートナーによって虐待されている、虐待されてきた人びとに、秘密厳守の精神的支援や情報、照会、安全計画、危機介入を提供します。617-742-4911(音声)または800-832-1901(フリーダイヤル)に電話を」
http://tnlr.org/en/24-hour-hotline/

*家庭内暴力防止サービス:すべてのサービスは危機の間じゅう利用できる。危機ホットライン:210-733-8810。(ウェブサイトは現在利用できません)

《お金を寄付するなら》

*全国家内労働者連合:「多くの在宅介護労働者、ベビーシッター、ハウスクリーナーにとって、コロナウイルスの脅威はとくに深刻です。医療へのアクセス、有給の病気休暇、雇用の保障がなければ、彼らは単独でこの危機を乗り越えなければなりません−セーフティネットなしに。コロナウイルス・ケア・ファンドへの寄付金は、家内労働者に緊急の財政支援を提供し、彼らが自宅にとどまって健康を維持すること、コロナウイルスの蔓延を遅らせつつ自分自身と家族、コミュニティを守ることを可能にします」
https://secure.actblue.com/donate/coronavirus-care-fund?refcode=covidfundlightbox

*サービス労働者相互扶助基金:「新型コロナの感染拡大を遅らせるためバーやレストランが休業すれば、多くのサービス労働者が収入なしに放置されます。この基金は、解雇されたり帰国させられたりしたサービス労働者のために、食料・緊急物資の備蓄や医療費・保育料・家賃・授業料の支援といった最も差し迫った費用を一時的に軽減します」
https://www.paypal.com/pools/c/8nqac5Dh6w 〈この基金はすでに目標額を達成済み〉

*アーティストやクリエイティブ〈創作者〉が利用できる緊急補助金:アーティストやクリエイティブをサポートする救済基金のリスト。
https://ready.haatx.com/covid-19
 
*レストラン労働者救済基金:レストラン労働者に支援を提供する救済基金のリスト。
https://www.restaurantworkerscf.org/news/2020/3/15/resources-for-restaurants-and-workers-coping-with-the-covid-19-emergency

《組織化:正義のための闘いにこの瞬間をどう生かすか》

*今こそ連帯の時:新型コロナに関するDSAのこの全国声明は、私たちがおかれた政治的瞬間とそこからの脱出方法をどう組織するかについての分析を提供する。この資料には、組織化スペースをより安全で健康的なものにする方法についての具体的な提案も記載されている。
https://www.dsausa.org/statements/now-is-the-time-for-solidarity-dsa-national-statement-on-covid-2019/?fbclid=IwAR3pU2TGe20dgEWBnTYAhMswpCiYdPaOzm_kFS-GV40XKSlANcPevfUYWg8

*プーロ〈スペイン語で「純粋な」「葉巻」の意味がある〉相互扶助ネットワーク:サンアントニオDSAは、支援を提供したり受け取ったりするための申し込み用紙を作った。これは、あなた自身の市や町の相互扶助のサンプルとなり得る。
http://tiny.cc/puroaid

*パンデミック〈世界的大流行〉における組織化:レイバーノーツ〈1979年に創刊された労働運動活動家のための月刊誌〉の資料:レイバーノーツは組織化リソースの広範なリストをまとめた。 新型コロナ危機は労働運動にとってきわめて重要な瞬間であり、緊急性と戦闘性をもって組織化しなければならない。
https://labornotes.org/coronavirus

*新型コロナをめぐる草の根オルガナイザーからの要求:オルガナイザーや医療労働者、市および公衆衛生担当者向けの優れた資料・情報。このパンデミックを受けて市や州政府が何をすべきかという要求を説明する。
https://transformativespaces.org/2020/03/04/demands-from-grassroots-organizers-concerning-covid-19/

*ウォルマート、アップル、オリーブガーデンらは主要な雇用主であり、コロナウイルスの症例が広がるにつれて病気休暇のポリシーを更新している:主に、継続する労働者の組織化とパンデミックの緊急性により、有給病気休暇ポリシーの採用へと成功裏に圧力をかけられる企業が次第に増えている。パンデミックが終わった後、この成果が恒久的なものなるよう継続的な努力をする必要がある。
https://www.washingtonpost.com/business/2020/03/10/walmart-apple-olive-garden-are-among-major-employers-updating-sick-leave-policies-coronavirus-cases-spread/

*コロナウイルスと社会危機について:労働組合指導部への公開書簡:「私たちはすべての労働組合に対し、必須でない仕事の即時停止を求めるよう要請する。 この行動方針をとる組合員が組合基金を利用できるようにし、労働者階級の生存に不可欠なフードバンクその他のサービスのようなコミュニティの取り組みを支援するカンパを呼びかけることを求める」→あなたの労働組合およびその指導部とシェアを。
https://mailchi.mp/7bbebe906a89/on-the-coronavirus-and-the-social-crisis

*家にいることができない場合はどうする?:「コロナウイルス緊急事態時にホームレスを経験する人びとの健康サポートのための提言」
http://www.streetsheet.org/what-if-you-cant-stay-home/?fbclid=IwAR3dUX6AiSHyLnfZI--wCm2gCMp2JDLsxYNXI2rmtgfiUT9rUnO8I_9_wik

−ここまで−

(編集部 浅井健治)
posted by weeklymds at 22:05| 報道/活動報告